イベント・セミナータイプの予約サイトを作成!【RESERVA機能紹介】

イベント・セミナータイプの予約サイトを作成!【RESERVA機能紹介】

更新

「予約システムが多すぎて、検索してもどれが実際にいいのか分からない。」
「現在予約システムを利用しているが、自社に合う予約システムに変更したい。」
「予約システムを導入したいが、希望通りの予約サイトが作れるか不安…。」

このようなお悩みをもつ事業者様、
RESERVA予約システムなら、6つの予約タイプから自社サービスにあった予約タイプを選択し、予約サイトを作成できます。

この記事では、その6つの予約タイプの中のイベント・セミナータイプについてご説明します。

RESERVA予約システムの予約タイプはぜんぶで6つ

RESERVA予約システムでは、

サービス提供タイプ(スタッフ指名あり)
・サービス提供タイプ(スタッフ指名なし)
・施設予約タイプ
・宿泊施設予約タイプ
・スクール・アクティビティタイプ
イベント・セミナータイプ

の6つから、ご自身の店舗・事業者様にあった予約タイプを選択できます。予約タイプごとに機能や予約サイトの画面が違うため、それぞれの予約タイプに合った予約サイトを作成できます。

6つの予約タイプをまとめて知りたいかたは、下記記事をご覧ください。
【予約タイプ比較】自社にあった予約タイプを使おう!

今回は、その中のイベント・セミナータイプについてご説明していきます。

RESERVA予約システム:セミナーサンプルサイト

イベント・セミナータイプ
イベントやセミナーなど、特定の日時で行われるメニューを予約するタイプです。
対象の予約メニューを選択し、必要事項を記載するだけでかんたんに予約を行うことができます。

イベント・セミナータイプの対象業種

イベント・セミナータイプはこのような店舗・事業者様にお使いいただけます。

イベント・セミナータイプは、各種イベントやセミナーなどの不特定多数のお客様へサービスを提供する場合におすすめの予約タイプです。あらかじめイベントの人数定員を設定したり、一回の予約で複数人分まとめて予約できるように設定可能です。

イベント・セミナータイプをご利用の事業者様紹介

イベント・セミナータイプをご利用いただいている事業者様をご紹介します。

釣って見つけるぼうけんの国 湘南釣堀様【アミューズメント施設】

・ご利用プラン:エンタープライズプラン
・ご利用期間:2020年7月より

<ご利用者の声>

当施設の全面リニューアルを機に、よりお客様からの予約受付管理体制を整えるべく、RESERVA予約システムの導入を決めました。
複数人の予約を同時に受け付けることができるため効率性が格段に向上したほか、予約システムのインラインフレームによって、独自ホームページでの予約連携を強化したことで導線をはっきり敷くことができました。

RESERVA活用事例|釣って見つけるぼうけんの国 湘南釣堀【アミューズメント施設】

イベント・セミナータイプの作り方を解説

ここからは、イベント・セミナータイプの予約サイトの作り方をご説明します。
はじめての方でもわかりやすいように動画でも解説をしています。

手順1.ビジネス情報登録

まず初めに、店舗のビジネス情報を登録します。店舗名や住所、電話番号、営業時間などの情報を入力します。

手順2.サービスメニュー登録

次に、予約メニューを作成します。サービスメニュー(イベント)の料金や所要時間などの設定を行います。

手順3.その他の詳細設定

最後に、予約サイトの細かい部分の設定を行います。ここでは、トップ画像の設定や、予約サイト画面の表示設定、キャンセル受付締切の設定などを行うことができます。

以上の手順がすべて完了し、イベント・セミナータイプの初期設定が完了です。

こちらで登録した情報は、のちほどご自身の予約管理画面の設定から変更・修正可能ですので、ご安心ください。

イベント・セミナータイプの利用者によく使われる機能

1.予約ボタン設定:店舗ホームページから予約ボタンでかんたん予約

RESERVA予約システムでは、「予約する」ボタンを店舗独自のホームページ内に設置することができます。予約サイトに直接アクセスしない場合でも、ホームページからかんたんにお客様が予約できるようになります。
すでにホームページを作成している事業者様におすすめの機能です。

詳しくは
予約ボタンを店舗のホームページ内に表示!【RESERVA機能紹介】
をご覧ください。

2.残席数表示機能:予約可能な人数をお客様があらかじめ確認できるように

残席数表示機能では、お客様がイベント・セミナーを予約する際に、いくつ空きがあるのかを確認することができます。
イベントなど、家族や友人など複数人で予約する場合が多いため、残席数を表示しておくことで、お客様が安心してイベント予約を行うことができます。

詳しくは
残席数表示機能を活用しよう!【RESERVA機能紹介】
をご覧ください。

3.オンライン事前決済機能:レゼペイで決済の手間を省く

RESERVA予約システムには、「レゼペイ」と呼ばれるクレジットカードでの事前決済機能があります。事前決済を導入することで、イベントの無断キャンセル防止につながるほか、当日決済においての混雑や決済業務の手間を解消することができます。

詳しくは
オンライン事前決済機能でお会計を効率化しよう!【RESERVA機能紹介】
をご覧ください。

まとめ

イベントやセミナー運営では、一度の予約に多くのお客様が殺到する場合が多いため、予約管理にも手間がかかってしまいます。RESERVA予約システムはイベント・セミナーを運営するすべての事業者様に向けて、かんたんで便利な予約システムを提供しております。ぜひこの機会にRESERVA予約システムの導入し、予約業務の効率化を行ってみてはいかがでしょうか。

【イベント・セミナータイプにおすすめの機能記事】
クーポン機能でリピート率を上げる!導入前の基礎編【RESERVA機能紹介】
顧客のレビューや口コミ評価を予約サイト内に表示する!【RESERVA機能紹介】
顧客満足度調査(NPS®)でお客様満足度を上げる!【RESERVA機能紹介】
キャンセル待ち機能でお客様のニーズに答える!【RESERVA機能紹介】

【免責事項】
本コンテンツに記載されている機能・サービスなどは、2021年2月時点のものです。今後、これらの機能・サービスが変更される場合がございます。

予約システムで、ビジネスを効率化

RESERVA予約は、無料の予約システム。健康診断、貸し会議室、ヨガ教室、スクール、イベント、スタジオ、ホワイトニング、歯科、クリニック、ホテル、宿泊施設などの予約受付に最適。官公庁や地方自治体での導入実績が豊富な予約管理システムです。