オンラインカード決済機能でお会計を効率化しよう!【RESERVA機能紹介】

オンラインカード決済機能でお会計を効率化しよう!【RESERVA機能紹介】

更新

「現金支払いを無くして、お会計の業務をシンプルにしたい」

「予約の無断キャンセルを防止したい」

このようなお悩みを持つ方におすすめの機能がオンラインカード決済機能です。

こちらでは、RESSERVA予約システムのオンラインカード決済機能について解説します。

すでに、オンラインカード決済機能の概要を理解していて、設定方法だけを知りたい方は、目次の「事前決済機能「レゼペイ」の導入方法」からご覧ください。

オンラインカード事前決済とは

オンラインカード決済機能とは、「オンラインを使ったクレジットカードによる事前決済ができる機能」のことです。

オンラインカード決済機能を活用することで、お客様は予約したお店のサービスを受ける前に支払い決済の完了が可能です。

予約と同時に支払いが確定するため、サービスを受ける当日は会計を行う必要がありません。

またお店側は、特に1名体制で運営している場合など、金銭授受などの対応が不要なため、顧客へのサービスに注力できるメリットがあります。

そのため、予約者側・サービス側双方の手間を減らすことが可能です。

※利用するには、あらかじめクレジットカード情報の登録が必要です。

予約システムでは事前決済が便利

予約システムにおける事前決済機能は、予約者・運営者側双方にメリットがあります。

【予約者のメリット】

  • 予約当日の支払いが不要
  • 現金・クレカを持参しないで済む

【運営者のメリット】

  • 直前キャンセル、無断キャンセル抑制
  • 業務の効率化が図れる
  • 訪日外国人の対応が可能
  • 顧客決済状況の管理が可能

新型コロナウイルスの影響で、可能な限りお客様と店舗側の感染リスクを減らすためにも、現在急速に事前決済機能の導入が進んでいます。

オンラインカード決済機能 「レゼペイ」とは

RESERVA予約システムでは、独自のクレジットカード事前決済機能として「レゼペイ」が導入されています。

レゼペイの特長は、

  1. 完全無料で導入可能(初期費用・月額費用0円、期間制限なし)
  2. 利用可能ブランド:Visa、MasterCard、JCB、American Express、Diners Club
  3. 決済手数料:4.9%
  4. 利用開始までの期間:審査後最短10営業日
  5. クレジットカード会社との別途契約の必要性なし

といったように、予約者側・企業側双方にとって使い勝手の良い機能となっています。

オンラインカード決済機能「レゼペイ」の導入方法

ここからは、「レゼペイ」の導入方法を解説します。決済サービスの申し込み方法はかんたんですので、手順に沿って進めてください。

①RESERVAの管理画面にログイン

②右上の「契約・決済」→「決済サービス」を選択

③「申請する」を選択

④事業形態の「法人」または「個人」を選択

⑤「事前カード決済利用申請」「入金口座情報」「特定商取引法に基づく表示」「本人確認書類」の項目を記入

確認後、審査の申請・お申込みが完了します。

審査完了までの期間は個人差ありますが、審査完了後はすぐにレゼペイの決済サービスをご利用いただけます。

予約システムが初めての方でも「いつでも・はやく・かんたんに」事前決済サービスの導入が可能です。(レゼペイをより詳しく知りたい!

スムーズな決済でかんたん予約

Web予約システムが主流になってきている現在、ネットでの事前決済の需要も高まっています。予約システムを今から導入したいとお考えの方はぜひ、事前決済機能が備わっている予約システムを選ぶことをおすすめします。

RESERVA予約システムの機能をもっと知りたい方は、下記の記事も参考にしてみてはいかがでしょうか。

【RESERVA機能紹介】ホームページに予約ページを埋め込む!

【一から学ぶメルマガ講座】基本構成から書き方まで伝授!~ネイルサロン編~

予約システムで、ビジネスを効率化

RESERVA予約は、無料の予約システム。健康診断、貸し会議室、ヨガ教室、スクール、イベント、スタジオ、ホワイトニング、歯科、クリニック、ホテル、宿泊施設などの予約受付に最適。官公庁や地方自治体での導入実績が豊富な予約管理システムです。