クーポン機能でリピート率を上げる!導入前の基礎編【RESERVA機能紹介】

クーポン機能でリピート率を上げる!導入前の基礎編【RESERVA機能紹介】

更新

クーポンがあるからついお店を予約しちゃった・・!

クーポンを使ってサービスやものを購入した経験はありませんか?クーポンはお客様の消費の後押しするため、様々な業種で幅広く導入されています。

最近ではアプリのクーポンを導入する会社も増えていますが、コストが高いなど導入するハードルが高いという難点もあります。

今回紹介するのはRESERVAの予約システムに搭載された誰でも簡単に、無料で導入することのできるRESERVAクーポン機能です。RESERVAクーポンをうまく利用して集客アップを狙いましょう。

すでに、クーポン機能の概要を理解していて、設定方法だけを知りたい方は、目次の「 4.2.RESERVAクーポンを使う方法」からご覧ください。

そもそもクーポンって?メリットは?

クーポンとは

クーポンとは割引券のことをいい、紙やデジタル、バーコードやクーポンコードなど様々な種類があります。最近GoToトラベルで話題の地域共通クーポンは、紙のクーポン券と、会計の際にQRコードを読み込むデジタルのクーポン券があります。

クーポンを使うメリットとは

新しいお客様やリピーターの集客につながる

割引や無料券などのクーポンは「お得だしこのお店にしよう」「安くなっているからもう一回行ってみよう」と、お客様の購買行動を促進できます。魅力的な割引プランや割引サービスを作ることで新規顧客の創出やリピーターの獲得につながります。

売り上げ向上につながる

お客様の心をくすぐるクーポンを使用しリピーターを増やすことで、お店全体の売り上げ向上につながります。さらに割引プランやサービスを作ることで、普段は買わないものやサービスなどお客様の消費を拡大させることも可能です。

RESERVAクーポンはどんな種類?

RESERVAクーポンはコードを入力するタイプの電子クーポンです。
電子クーポンコードはサービスを予約する際に、コードを適用するだけで、自動でクーポン適用後の料金を計算します。面倒な手続きなしにそのまま決済手続ができます。

さらにRESERVAクーポンは、誰でも使えるオープン型クーポン利用者限定のクローズド型クーポンの大きく分けて二種類あります。

①オープン型(共通型)クーポン

一つのクーポンコードを複数回使えること。
新規やリピーターなどどんなお客様にも使える、オープン型(共通型)クーポンです。誰でも利用可能なクーポンを発行することで、まだお店を利用したことがない新規のお客様を開拓することが可能です。ブログやSNS、さらにお知らせ機能を利用してクーポンを宣伝することで集客アップを見込めます。

②クローズド型(限定型)クーポン

それぞれのお客様にクーポンコードを一つずつ作ること。
お客様にリピートして来てもらうためのクローズド型(限定型)クーポン。「会員者様限定」、「2ヶ月間来店されていないお客様限定」など、条件を細かく設定してクーポンを発行することができます。さらにRESERVAメルマガという機能を利用することで、メール配信しクーポンを届けます。
【RESERVA機能紹介】メルマガ配信機能でリピーターを増やそう!

クーポン機能でRESERVAがおすすめな理由

①様々な種類のクーポンを発行できる

定額割引クーポン、定率割引クーポン、無料クーポン

上記、三種類のクーポン選択することができます。クーポンを状況やサービスによって使い分けることで顧客一人あたりの単価を上げ、集客効果をあげることができます。

②クーポンの発行条件を設定できる

クーポンの有効期間設定、発行枚数・利用数設定、一人当たり利用回数制限

発行条件は主に上記の三つを設定することができます。

①有効期間設定

クーポンの有効期限は、「有効期限なし」「予約日基準で有効期間を設定する」「来店日基準で有効期間を設定する」の三つを選択し、該当するものには日付を入力します。

②利用数・発行枚数設定

オープン(共通)型クーポンにおいて、最大利用回数が設定できます。オープン型は使用制限なしにも設定できます。例えば、オープン型クーポンの最大利用回数を30回と設定すると、30名限定のクーポンを作成できます(クーポンコードは同じ)。
クローズド(限定)型クーポンにおいて、配信対象条件を設定しなかった場合、発行枚数を設定できます。例えば、クローズド型クーポンを配信対象条件を設定せずに30枚発行した場合、30個のクーポンコードが発行されます。

③一人当たり利用回数制限

オープン(共通)型クーポンにおいて、一人当たりの利用回数を自由に設定できます。
クローズド(限定)型クーポンにおいて、一つのクーポンコードに対して一回しか利用できないため、選択できません。

これらのクーポンの発行条件を設定することでクーポンを効果的に、かつ不正利用を防ぐことが可能になります。

RESERVAクーポンの料金は?

料金

RESERVAクーポン機能は無料プランからエンタープライズプランまでどのプランでも導入することができます。

料金:月額300円(税抜) ※発行枚数は関係なし
購入方法:オンラインカード事前決済のみ

つまりクーポンを300枚発行したとしても、同じ一つのクーポンであれば一律税抜き300円で、一か月にクーポンを二つ発行したら税抜き600円になります。

オンラインカード事前決済機能については、
オンライン事前決済機能でお会計を効率化しよう!【RESERVA機能紹介】
をご覧ください。

RESERVAクーポンを使う方法

①管理画面の利用サービス>サービス追加

②RESERVAクーポンを選択し、利用規約に同意する

③クーポン作成スタート

まとめ

ここまでRESERVAクーポンの機能について詳しく説明しました。クーポン機能は一見複雑な機能のように見えますが、実際に使用してみるとかんたんにクーポンを作成できます。
次回の記事「【RESERVA機能紹介】クーポン機能を実際に使ってみよう!応用編」では実際の導入事例を操作方法を交えて詳しく説明していますので、こちらもあわせてご覧ください。

この際にRESERVAでクーポン機能を使ってお店を集客アップを図ってみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
メルマガ配信機能でリピーターを増やそう!【RESERVA機能紹介】
自社予約サイトの広告を非表示にしよう!【RESERVA機能紹介】
Zoomと予約システムの連携で楽々簡単!時間短縮!【RESERVA機能紹介】

予約システムで、ビジネスを効率化

RESERVA予約は、無料の予約システム。健康診断、貸し会議室、ヨガ教室、スクール、イベント、スタジオ、ホワイトニング、歯科、クリニック、ホテル、宿泊施設などの予約受付に最適。官公庁や地方自治体での導入実績が豊富な予約管理システムです。