航空会社

次世代型の業務のあり方を構築、新たな取り組みでビジネスを成功に導く

アフターコロナを見据えた業務改革に注力

飛行機、ヘリコプター、グライダー、飛行船など有人の航空機を利用したサービスに加え、昨今では配送や撮影で無人機のドローンが使われるなどサービスは多岐に展開しています。数年以内に空飛ぶクルマやタクシーの運行が計画されているほど、航空業界は今後、更なる発展を遂げようとしています。成長を続ける航空業界でも、業務のスリム化や手配業務のオンライン化は進んでいます。例えば、お客様が飛行機を利用する際、航空券の手配は各航空会社のホームページから予約するのが一般的になりました。しかし、飛行機に搭乗した経験が少ない方、インターネットを使わない年配の方は、旅行代理店の専用窓口などで直接手配するケースが多く、完全オンライン化が実現したとは言い切れません。観光の遊覧飛行として人気が高いヘリコプターや飛行船、熱気球、専用機で上空に行くスカイダイビングなど、各種航空サービスを提供している店舗でも、予約をカウンターや電話で受け付けているところはあります。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、現在は航空機を利用した移動や観光、各種レジャー体験を控える動きがみられています。しかし、GoToトラベルキャンペーンが再開されると人々の移動は増え、レジャー体験の人気も大きく回復する見込みです。アフターコロナに備え、個人の作業を一時中断しなければならない電話やカウンターでの受け付け・申し込み対応業務を今、予約受付システムの導入で少しでも改善し、効率化に向けて貢献します。

新規事業立ち上げ×予約受付システムで好業績

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で定期航空便が停止になる一方で、世界のリーダーやセレブたち富裕層を中心に、感染リスクの低いプライベートジェット機の需要が高まっています。また、近年はドローンを活用したビジネスが活発になっているほか、日本では空飛ぶクルマの開発が進んでおり、海外の往来が再開すると医療ツーリズムやチャーター便の運航が加速する可能性もあり、多様なポテンシャルを持っているのが航空業界の特徴です。

新しい事業に取り組む動きは各方面で見られています。その際、リスクを少しでも減らし、安定したビジネスを維持するためにも、実施前からの業務の仕組みづくりが重要です。予約受付システムは、導入によって効率よく予約状況を管理でき、インターネット上で24時間予約を受け付けることができます。予約受付業務を1本化しておくことで、従業員はほかの作業に集中できるほか、電話による予約内容の聞き間違えやダブルブッキングの防止にも役立てられます。未来を見据えた事業にはSaaS型のサービス利用を組み合わせて、理想的な体制を整えた状態で開業するのがベストといえるでしょう。

導入事例

  • 航空券の発行窓口を予約制に
  • ヘリコプター体験を予約制に
  • 気球体験を予約制に
  • グライダー体験を予約制に
  • 飛行船体験を予約制に
  • ドローンの手配を予約制に
  • 将来的には空飛ぶクルマ(タクシー)の予約に