【最新情報】GoToトラベル事業|宿泊予約管理システム「RESERVA」が東京発着にシステム対応

【最新情報】GoToトラベル事業|宿泊予約管理システム「RESERVA」が東京発着にシステム対応

2020年9月28日から新たな機能として、「東京発着」と「地域共通クーポン」に対応した新機能をリリースいたしました。

当社RESERVA予約システムは、国土交通省観光庁が所管する「GoToトラベルキャンペーン」の第三者機関として承認されており、GoToトラベル事業に則った宿泊予約管理システムを提供しています。

【最新】Go To トラベル事業における東京都の取り扱いの変更について

(以下、Go To トラベル事務局の発表より抜粋)

Go To トラベル事業の実施に当たっては、感染拡大防止と観光振興の両立を図ることが重要です。7月17日(金)に足下の感染拡大状況を鑑み、東京都が目的地となっている旅行と東京都に居住する方の旅行について、当面の間、本事業の対象外とする旨、お伝えさせていただきました。
しかしながら、9月11日(金)の新型コロナウイルス感染症対策分科会において、感染症の専門家等による政府への提言をいただき、昨日の大臣会見にて、10月1日(木)より開始する東京都が目的地となっている旅行と東京都に居住する方の旅行について、改めて本事業の支援対象とする旨、お伝えさせていただきました。”
出典:https://biz.goto.jata-net.or.jp/info/2020091601.html 

これを踏まえまして、RESERVA予約システムでは、 新たな機能として、「東京発着」と「地域共通クーポン」に対応した新機能をリリースしております。

第三者機関登録への背景

2020年3月以降、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、宿泊業・旅行業は多大な損害を受けています。宿泊客の減少により、施設維持費や顧客管理システムなど固定費が大きな負担となっています。

そのような背景から、固定費を削減するために無料で使える予約管理システム「RESERVA」を導入する宿泊施設が急増しています。当社はこのような状況を踏まえ、宿泊施設への支援を強化するため、GoToトラベル事業の第三者機関の登録申請を行い、これが承認されました。

参考リンク:

Go To トラベル事業の第三者機関として承認されました!

GoToトラベルキャンペーンについて

GoToトラベルキャンペーンとは、コロナ禍が収束した後、国内の消費を喚起し経済を活性化するために制定された「GoToキャンペーン」のうちの一つです。旅行・宿泊にかかる金額を割引し、国内の人の動きを活発化させることで、コロナ禍によって低迷している日本経済を復調させるねらいがあります。詳しくは下記に纏めています。

Go To トラベル事業:第三者機関の株式会社コントロールテクノロジーが「Go To トラベル」を徹底解説!

GoToトラベルキャンペーンに対応したRESERVA予約管理システムは、以下よりアカウント登録をすることで「無料」で、すぐにご利用いただけます。
https://lp.reserva.be/reservation/lodging/

宿泊予約サイトのサンプル: https://reserva.be/shukuhakusample02

GoToトラベル給付金申請時の必要項目の確認方法

詳細は以下をお読みください。

RESERVA予約公式マニュアル「GoToトラベル給付金申請時の必要項目の確認方法

問い合わせ先

【本リリースに関するお問い合わせ先】
https://support.reserva.be/hc/ja/requests/new?ticket_form_id=222718

予約システムで、ビジネスを効率化

RESERVA予約は、無料の予約システム。健康診断、貸し会議室、ヨガ教室、スクール、イベント、スタジオ、ホワイトニング、歯科、クリニック、ホテル、宿泊施設などの予約受付に最適。官公庁や地方自治体での導入実績が豊富な予約管理システムです。