スマートロック連携で受付業務を無人化!【RESERVA機能紹介】

スマートロック連携で受付業務を無人化!【RESERVA機能紹介】

この記事では、スマートロック連携機能について解説をします。

RESERVA予約システムでは、スマートロック連携機能の利用が可能です。スマートロック機能を活用することで、予約者と受付担当者は直接対面で鍵の受け渡しを行うことなく、キーレスで予約施設への入室が可能となり、予約受付業務の効率化が図れます。

現在レンタルオフィスやレンタル会議室を展開するお客様中心に利用が増えており、RESERVA予約システムの人気機能です。

スマートロック機能とは?何ができる?

スマートロックとは、スマホなど電子デバイスを利用して鍵の開閉ができるITシステムです。従来の現物の鍵と異なり、スマホ自体が鍵の役目を果たします。

スマートロックのメリットとして以下のような項目が挙げられます。

  • 現物の鍵の受け渡しが不要
  • 鍵を紛失するリスクがない
  • 鍵の差し込み動作がないためスムーズに入室できる
  • 鍵の登録・削除、変更・再発行が容易
  • 入室、退室履歴をいつでも確認・管理できる
  • 複数の鍵を一つの管理画面で管理できる

このように、スマートロック機能を導入することで、施設利用者・施設事業者側の双方にメリットがあります。

スマートロックは、現在様々なメーカーからサービス提供されていますが、RESERVA予約システムで連携が可能なスマートロックシステムは「RemoteLOCK(リモートロック)」というサービスです。
RemoteLOCKはLockState社が開発する製品です

◆スマートロック・・・スマホなど電子デバイスを利用した鍵の開閉ができるITシステム。クラウド上で鍵の管理が可能。
◆RemoteLOCK(リモートロック)・・・スマートロックの1つ。米国LockState社が開発し、国内では50,000台の導入実績を持つクラウドサービス。リモートロックはスマホも不要で、4桁の暗証番号を入力するだけで入室が可能

使い方の手順を解説

具体的なスマートロック連携の方法・手順を解説していきます。注意点としてRESERVA予約システムのスマートロック連携機能を利用するには条件があります。

◆利用条件
・施設予約タイプをご利用頂いているお客様
スクール・アクティビティタイプ、宿泊タイプ、サービス提供タイプでは利用不可
・エンタープライズ以上のプランをご契約中のお客様
・RESERVA会員、または独自会員を利用しているお客様

◆利用の際の注意点
・RemoteLOCKデバイス利用料として初期費用+月額1,000円/台(税別)の費用が発生します
・RemoteLOCKの契約は、販売代理店の株式会社構造計画研究所との締結となります(コントロールテクノロジーからの請求書発行は行っておりません)

STEP1 RemoteLOCKを契約する

まず初めに、RemoteLOCK公式サイトよりRemoteLOCKの申し込みを行います。RemoteLOCKの導入には、初期費用(機器購入費+取付工事費)+月額費用が発生します。

詳しくは、RemoteLOCK公式サイトをご覧ください。
RemoteLOCK公式サイト

参照:RemoteLOCK公式サイトトップページ

STEP2 RemoteLOCK連携を設定する

RemoteLOCKの取付・利用ができるようになりましたら、RESERVA予約システム上でRemoteLOCK連携を設定していきます。

手順1.管理画面にて高度な設定の中から「スマートロック連携」を選択してください。

手順2.表示された画面右側の「RemoteLOCK連携」ボタンをクリックしてください。

手順3.連携するデバイスの台数を入力し、「料金を検索する」ボタンをクリックしてください。

手順4.契約内容、登録されたクレジットカード情報を確認の上、「上記の内容で確定する」ボタンをクリックしてください。

手順5.「RemoteLOCKの連携契約が完了しました。」という画面が表示されましたら、無事RemoteLOCK連携契約完了です。

請求番号についてはRemoteLOCK連携契約でのお支払いのお問い合わせの際に使用しますので、こちらの画面を保存、または番号を控えていただくようお願いいたします。

引き続き認証設定をする際は「続けてサービス認証を行う」を選択をしてください。

STEP3 RemoteLOCKのサービス認証を行う

RemoteLOCKとRESERVA予約システムの連携契約が完了したら、続いてサービス認証を行います。以下手順に沿って解説します。

手順1.RemoteLOCK認証画面へ遷移します。管理画面から「高度な設定」>「スマートロック連携」>「RemoteLOCKのサービス認証を行う」と順に選択した上で、RemoteLOCKサイトに移行し認証を行って下さい。

手順2.RemoteLOCKサイトに移行ごRemoteLOCKのIDとパスワード入力しログイン後、登録されているRemoteLOCKアカウント選択をしてください。 

手順3.RemoteLOCKにログイン後アカウントを選択し下記の画像に移行すればサービス認証の設定が完了となります。

STEP4 施設・部屋とRemoteLOCKデバイスを紐づける

ここからは実際に、予約を受付する施設・部屋とRemoteLOCKデバイスを紐づけていきます。

手順1.「デバイス情報を再取得する」ボタンをクリックし、RemoteLOCKデバイスを選択します。するとポップアップ画面が表示されるので、そちらへ遷移してください。
※初期設定時は、自動的に予約サイトで利用するRemoteLOCKデバイスを選択するポップアップが表示されます。

手順2.RemoteLOCKデバイスを選択ポップアップ画面で、予約サイトで利用したいRemoteLOCKデバイスにチェックし、「OK」を選択してください。
※他の予約サイトなどで既に利用中のRemoteLOCKデバイスは選択できません。

手順3.紐づけしたい「施設・部屋名」の「デバイス」プルダウンに、ポップアップ画面で選択したRemoteLOCKデバイスが表示されますので、選択の上、「確定する」ボタンをクリックしてください。 

STEP5 自動来店機能を設定する

自動来店機能とは、デバイスの解錠を行われたタイミングでシステムが自動的に来店処理を行う機能です。手動で来店処理を行う必要がないので、売上管理業務の負担が軽減されます。
※自動来店機能はRemoteLOCK連携の契約、およびデバイス紐付けが必要です。

自動来店機能設定は、「管理画面」>「設定」>「基本設定」>「その他詳細設定」から設定いただけます。
※基本設定画面への遷移方法はこちらをご確認ください。

手順1.「その他詳細設定」画面から「来店・来場を利用する」にチェックしてください。

手順2.「自動来店」をチェックし、「確定する」ボタンをクリックしてください。
※来店・来場処理を手動で行いたい場合は「手動来店」をチェックしてください。

スマートロック機能の活用例

RemoteLOCKを活用することで無人化運用を実現できます。例えば、下記のような業態でRemoteLOCKの利用が可能です。

  • 宿泊特化型施設
  • ビジネスホテル
  • レンタルスペース、シェアオフィス
  • 店舗
  • 公共施設

※RESERVA予約システムのスマートロック連携機能は、「施設予約タイプ」のみとなっています。
「スクール・アクティビティタイプ」、「宿泊タイプ」、「サービス提供タイプ」ではご利用頂けませんのであらかじめご了承ください。

導入事例もいくつかご紹介します。
◆事例1
RemoteLOCK公式サイト利用事例/「住みながら働ける、時には貸し出せる」をコンセプトにした複合施設にRemoteLOCK採用

◆事例2
RemoteLOCK公式サイト利用事例/現地での鍵対応が不要になり管理ラクに。スペースの利便性も向上。

その他にも、事例をご覧になりたい方は、RemoteLOCK公式サイト利用事例一覧をご覧ください。
RemoteLOCK公式サイト/導入ストーリー

まとめ|他にも便利な機能が多数

いかがでしたでしょうか。今回は、予約受付業務をラクにするスマートロック連携機能について、導入手順を含めて解説をしました。

RESERVA予約システムでは、他にも便利な機能が多数実装されています。初めから全ての機能を理解するのは大変ですが、RESERVA blogでは機能の解説を行っていますので、ぜひ参考にして頂けたらと思います。

その中で、もし使ってみたい機能がありましたら機能の追加をご検討してみてください。

◆他の機能詳細を知りたい方はこちら
【RESERVA機能紹介】ホームページに予約ページを埋め込む!
【RESERVA機能紹介】予約システムの 各社決済機能を徹底比較
【RESERVA機能紹介】サブ管理者設定でさらにセキュリティを強化!
Googleマイビジネス「予約リンク」とRESERVA予約サイトを連携させて、予約件数UP!

予約システムで、ビジネスを効率化

RESERVA予約は、無料の予約システム。健康診断、貸し会議室、ヨガ教室、スクール、イベント、スタジオ、ホワイトニング、歯科、クリニック、ホテル、宿泊施設などの予約受付に最適。官公庁や地方自治体での導入実績が豊富な予約管理システムです。