急なお休みや不定休は 予約不可登録設定で対応! 【RESERVA機能紹介】

急なお休みや不定休は 予約不可登録設定で対応! 【RESERVA機能紹介】

「スタッフが産休に入るから、しばらくの間一定のメニューの予約を制限したい」
「夏季休暇でお店をしまうため、その期間だけ予約不可にしておきたい」

サロンやスクールなどを運営する事業者様は、一度はこのようなことを考えたことがあるのではないでしょうか。

RESERVA予約システムでは、予約不可登録という機能を活用して、その要望にお応えすることができます。この記事では、その機能について詳しくご説明していきます。

すでに、予約不可登録の概要を理解していて、設定方法だけを知りたい方は、目次の「予約不可登録機能の基本設定」からご覧ください。

急用や不定休、予約サイトで設定していますか?

サロンや個人塾、レンタルスペース運営など、個人経営でお店を営んでいる方々は、休日(土日祝)にお店を開ける代わりに、不定休でお休みをとっている所も多いのではないでしょうか。他にも、従業員の体調不良や妊娠、不要不急の事態などでお店を休まなければいけない際に、ネットから予約ができてしまうと、お客様の混乱を招いてしまいます。

RESERVA予約システムの「予約不可登録」なら、このような事態に対応し、あらかじめ予約管理画面から予約ができない日時を予約不可にしておくことで、お客様がネットからも予約ができないように設定することができます。

RESERVAの予約不可登録機能の基礎知識

利用可能プラン:すべてのプラン(内容によって制限あり)
利用可能タイプ:施設予約タイプ、サービス提供タイプ(スタッフ指名あり・なし両方)

こちらの機能は、すべての無料プランからご利用いただくことができますが、プランが上がるにつれて、不定休の設定方法の幅が広がります。

利用可能な予約タイプは、施設予約タイプとサービス提供タイプのスタッフ指名あり・なしの3つです。

予約不可登録機能の基本設定

まずは、どのご利用プラン、ご利用タイプでも共通の設定を説明していきます。

まずは予約管理画面から「予約管理」を選択します。

「予約不可登録」を選択します。

このような画面が出てくるので、必要事項を記載し、「登録する」をクリックし、完了という流れです。

予約不可登録情報の設定方法

先ほどの「予約不可登録」の部分は、予約タイプや料金プランによって若干設定内容が異なるので、細かく説明していきます。
まず、すべての料金プラン、予約タイプの共通項目が以下の4つです。

■対象期間[必須]
対応できない日程を設定します。

■予約不可時間[必須]
対応できない時間を設定します。

■不可理由 [任意]
対応できない理由を記載できます。お客様に表示されません。

■連絡事項 [任意]
管理者への連絡事項を記載できます。お客様に表示されません。

タイプやプランによって変わるのは予約不可単位の部分です。こちらについてそれぞれ説明します。

予約タイプ別の予約不可単位

【サービス提供タイプ(スタッフ指名あり)】

ゴールドプラン未満の場合

・担当者単位
クリックでプルダウンメニューが表示されます。
プルダウンメニューに表示されている担当者を選択して予約不可登録を行います。(複数選択可)

ゴールドプラン以上の場合

・予約サイト全体(全メニュー)
予約サイトの全メニューに対して予約不可登録を行います。

・メニュー単位
クリックでプルダウンメニューが表示されます。
プルダウンメニューに表示されているメニューを選択して予約不可登録を行います。(複数選択可)

・担当者単位
クリックでプルダウンメニューが表示されます。
プルダウンメニューに表示されている担当者を選択して予約不可登録を行います。(複数選択可)

※「全ての担当者」の選択は、予約不可登録時点で登録されている全ての担当者が対象となります。
予約不可登録後に登録された担当者を予約不可にしたい場合は別途予約不可登録をしてください。

【サービス提供タイプ(スタッフ指名なし)】

ゴールドプラン未満の場合

・予約サイト全体(全メニュー)
予約サイトの全メニューに対して予約不可登録を行います。

ゴールドプラン以上の場合

・予約サイト全体(全メニュー)
予約サイトの全メニューに対して予約不可登録を行います。

・メニュー単位
クリックでプルダウンメニューが表示されます。
プルダウンメニューに表示されているメニューを選択して予約不可登録を行います。(複数選択可)

【施設予約タイプ】

ゴールドプラン未満の場合

・メニュー単位
クリックでプルダウンメニューが表示されます。
プルダウンメニューに表示されているメニューを選択して予約不可登録を行います。(複数選択可)

ゴールドプラン以上の場合

・予約サイト全体(全メニュー)
全メニュー予約できないように設定できます。

・メニュー単位
クリックでプルダウンメニューが表示されます。
プルダウンメニューに表示されているメニューを選択して予約不可登録を行います。(複数選択可)

・施設・部屋単位
施設・部屋ごとに予約ができないように設定できます。(複数選択可)

また、エンタープライズプラン以上をご契約の方は、部屋単位だけでなく、区画単位でも予約不可登録ができます。
(例:体育館のAコートのみ予約不可)

エンタープライズプラン以上でご利用可能な便利機能について、もっと知りたい方は、下記記事もご覧ください。

自社予約サイトのイメージが変わる!固定文言カスタマイズ機能【RESERVA機能紹介】
スマートロック連携で受付業務を無人化!【RESERVA機能紹介】
ホームページに予約ページを埋め込む!【RESERVA機能紹介】

お休みの日を予約不可登録で細かく設定しよう

予約不可登録機能による不定休や急用への対応は、店舗側だけでなく、お客様にも導入メリットのある機能の1つです。設定方法も難しくないので、ぜひ取り入れてみてください。

また、シルバープラン以下でこちらの機能を活用したいとお考えの方は、ゴールドプラン以上へのプラン変更を検討してみてはいかがでしょうか。

RESERVA予約システムの料金プランをもっと知りたい方へ↓
RESERVA料金プラン詳細

RESERVA公式YouTubeチャンネルで機能動画配信中!

RESERVA公式YouTubeチャンネル ※音が出ますので、音量に注意してください

RESERVA予約システムでは、プランや予約タイプに合わせて様々な充実機能をご提供しております。

「もっとRESERVA会員の皆様にRESERVAの機能を知ってほしい…」
「RESERVAの機能でより充実した予約管理を実現してほしい…」

そこで、RESERVA公式YouTubeチャンネルでは、RESERVA予約システムをご利用いただいているすべてのお客様に向けて、機能紹介動画を随時配信しております。予約タイプの説明から最新機能のご紹介など、幅広い情報をご提供していくので、ぜひチャンネル登録をよろしくお願いいたします!

【関連記事】
準備時間設定で余裕のある店舗運営を実現!【RESERVA機能紹介】
最終予約受付時間設定で、営業時間ギリギリの予約も受付!【RESERVA機能紹介】
キャンセル待ち機能でお客様のニーズに答える!【RESERVA機能紹介】

【免責事項】
本コンテンツに記載されている機能・サービスなどは、2021年2月時点のものです。今後、これらの機能・サービスが変更される場合がございます。

予約システムで、ビジネスを効率化

RESERVA予約は、無料の予約システム。健康診断、貸し会議室、ヨガ教室、スクール、イベント、スタジオ、ホワイトニング、歯科、クリニック、ホテル、宿泊施設などの予約受付に最適。官公庁や地方自治体での導入実績が豊富な予約管理システムです。