Googleアナリティクス機能で予約サイトを分析!【RESERVA機能紹介】

Googleアナリティクス機能で予約サイトを分析!【RESERVA機能紹介】

この記事では、Googleアナリティクス連携機能について解説します。

RESERVA予約システムでは、Googleアナリティクスと連携することができます。Googleアナリティクスを活用することで、予約サイトの詳細なアクセス解析を行うことが可能です。

予約サイトのアクセス解析を確認することで、よく閲覧されている予約メニューの把握や、どういった経路で予約サイトに辿り着いたかなど、ユーザーの行動に関するデータを得られます。

Googleアナリティクスを元々使われているご担当者様はもちろん、RESERVA予約システムを使ってより集客力を高めていきたい事業者様・ご担当者様には特におススメする機能です。

Googleアナリティクスとは?何ができる?

画像参照元:Google公式サイト

Googleアナリティクスとは、Googleが提供するWebページのアクセス解析ツールです。Googleアナリティクスを使うことで、サイトのユーザー(利用者)の行動に関するデータの閲覧が可能です。

例えば、

  • 訪問ユーザーが使用しているデバイスは何か
  • 訪問ユーザーのサイト滞在時間はどれくらいか
  • 予約メニューは月に何人のユーザーに閲覧されているか

といったことをデータで計測・把握することが可能です。

このように、Googleアナリティクスは、かなり細かいユーザーデータを収集できます。その上ほとんどの機能を無料で利用できるため、ブログやサイトを運営する個人や企業の運営担当者様にとっては必須のツールとなっています。

しかし、高度なデータ分析ができる反面、操作が慣れない内は「どのようにデータを見たらいいかわからない」といったネックになる可能性もあります。

Googleアナリティクス連携は、データを扱うのが得意な方やGoogleアナリティクスの使用経験がある方向けの機能ともいえます。

本記事では、Googleアナリティクス自体の説明は割愛させていただきますが、Googleアナリティクスについてより詳しく知りたい方は、インターネットでお調べいただくか、Googleアナリティクスヘルプページをご覧ください。
Googleアナリティクスヘルプページ

使い方の手順を解説

ここからは、Googleアナリティクス連携の方法・手順を具体的に解説していきます。
※既にGoogleアナリティクスを利用されたことがある方は、STEP3 からご覧ください。

STEP1.Googleアナリティクスに登録する

まず初めに、Googleアナリティクス公式サイトよりアカウントの登録を行います。Googleアナリティクスは有料プランもありますが、基本的に無料で使用できます。

詳しくは、Googleアナリティクス公式サイトをご覧ください。
Googleアナリティクス公式サイト

※もしGoogleアカウントをお持ちでなければ、先にGoogleアカウント作成をした上で、アナリティクスアカウントの登録を行ってください。
Googleアカウントの作成はこちらから行えます。
Googleアカウントの作成

画像参照元:Googleアナリティクス公式サイト

STEP2.トラッキングコードの取得

Googleアナリティクスにログインができましたら、「トラッキングID」と呼ばれるIDを取得してください。トラッキングIDとは、「UA-000000-2」のような文字列のことです。

トラッキングIDの取得方法については、Googleアナリティクスヘルプページをご覧ください。
Googleアナリティクスヘルプページ「トラッキングID」

STEP3.取得したトラッキングIDを予約サイトに埋め込む

Googleアナリティクス側にて、トラッキングIDの取得ができましたら、RESERVA予約システム上でGoogleアナリティクス連携を設定していきます。

手順1. 管理画面にて基本設定を選択します。

手順2. 基本設定の中から「その他詳細設定」を選択します。

手順3. その他詳細設定のページが開いたら、Google Analyticsの項目までスクロールします。「Google Analyticsを設定する」にチェックを入れ、下部のトラッキングIDのボックス内にGoogleアナリティクス側で取得したトラッキングIDを入力します。

入力ができたら、最後にページ下部の確定ボタンを押します。「更新しました」という表示が出ましたら設定完了です。

Googleアナリティクス連携のメリット

Googleアナリティクス連携を活用することで予約サイトのアクセス解析が可能です。例えば、以下のようなシーンで効果を発揮します。

  • 予約サイトに何人が訪れているか知りたい
  • 予約メニューの中で閲覧数の比較をしたい
  • キャンペーンを行ったことでどれくらいのサイト流入に繋がったか知りたい

このように予約申し込みされるまでの、ユーザーの行動がわかるようになります。

予約システムの最終的なゴールは予約の申し込みを得ることですが、その手前のユーザーの行動を把握することで、自社の課題が見つけられるようになります。

Googleアナリティクスは慣れるまでは、扱いが難しい面もありますが、一度使い方に慣れてしまえば、強力なツールとなります。

まとめ|他にも便利な機能が多数

いかがでしたでしょうか。今回は、予約サイトの高度な解析に役立つGoogleアナリティクス連携機能について、導入手順を含めて解説しました。

RESERVA予約システムでは、他にも便利な機能が多数実装されています。初めから全ての機能を理解するのは大変かと思いますが、RESERVA blogでは各種機能の解説を行っていますので、ぜひ参考にして頂けたらと思います。

その中で、もし使ってみたい機能がありましたら機能の追加をご検討してみてください。

◆他の機能詳細を知りたい方はこちら
【RESERVA機能紹介】Zoomと予約システムの連携で楽々簡単!時間短縮!
【RESERVA機能紹介】ホームページに予約ページを埋め込む!
【RESERVA機能紹介】スマートロック連携で受付業務を無人化!
【RESERVA機能紹介】サブ管理者設定でさらにセキュリティを強化!
Googleマイビジネス「予約リンク」とRESERVA予約サイトを連携させて、予約件数UP!

予約システムで、ビジネスを効率化

RESERVA予約は、無料の予約システム。健康診断、貸し会議室、ヨガ教室、スクール、イベント、スタジオ、ホワイトニング、歯科、クリニック、ホテル、宿泊施設などの予約受付に最適。官公庁や地方自治体での導入実績が豊富な予約管理システムです。