旅行会社

予約窓口を1本化して体制強化、広範囲にわたる業務をスリム化

煩雑な業務を軽減し効率化を実現

1990年代以降、バブル経済期にトレンド化した社員旅行や中規模の人数で催されたサークルの団体旅行は減少、インターネットの発展により旅行の仕方はバラエティーを増やし、現代では個人旅行者の増加が顕著になっています。旅行業のシステム化は大手旅行代理店を筆頭に行われ、観光業の仕組みを大きく変革しました。今では旅行者が無数の旅行プランの情報の中から「最適な旅程を選ぶ」時代になり、旅行会社の「提案力」が求められる時代です。

旅行会社では少しでも多くのお客様のニーズに応えるべく、国内外のパッケージツアーを充実させているほか、現地オプショナルツアーの提供から、ツアーガイド、乗車券、入場券、土産類の手配まで、業務は多岐にわたっています。そこに、細かく、件数が多い事務作業を予約システムの導入で一元管理できれば、業務の負担を軽減できるようになります。顧客データベース管理で、お客様の予約情報を把握する仕組みを構築することで、遠隔にいても旅行当日を双方がストレスなく迎えることを実現できます。

コロナ後の未来を見据えて

新型コロナウイルスの感染拡大により、旅行業界は大きな打撃を受けました。世界中の人々が旅行を自粛し、航空会社は各国への便を停止。ほとんどの旅行会社で業績は悪化の一途をたどっています。しかし、アフターコロナに向けて、各地で観光産業活性化への動きが見られるようになってきました。旅行の需要が減っている今だからこそ、完全復活までに社内の業務改善を実現するチャンスです。

アフターコロナで大切な旅行業界のキーワードは、いかに早く、適切に、お客様に情報を提供し、オンライン接客の導入により旅行を身近に感じてもらえるか、です。豊富な旅行プラン情報を店舗に備え来店を「待つ」のではなく、積極的にこちらから「提供」していくことが重要です。そのためにはメールマーケティングやSNS連携機能の活用が必須であり、RESERVA予約システムならそのスタートをサポートする体制が整っています。

導入事例

  • 旅行相談窓口を予約制に
  • ツアーの参加を予約制に
  • 観光バス・タクシー・遊覧船などの乗り物を予約制に
  • 現地ツアーガイドの選択を予約制に
  • 入場チケットを予約制に
  • オンラインツアーの参加を予約制に