不動産仲介会社

効率的な時間の使い方が可能に、スムーズかつ丁寧な対応で信頼度も上昇

予約で双方の時間を有効活用

不動産業のサービスは物件検索の依頼のみならず、「不動産の無料査定をしてほしい」、「生活に関するトラブルがある」、「物件周辺の相場を知りたい」といった緊急を要さない相談内容を受けることもあります。例えば不動産の売買・投資案件、一戸建て・マンション・アパート・テナントの内見・内覧、これらの相談内容を事前に把握、振り分けができていれば、その相談内容に合った解決情報を事前に集めておくことが可能になります。お客様にとっても来店前予約時に相談内容を伝えることができるため、双方のコミュニケーションを円滑に進めることができます。

昨今、海外からの投資案件も台頭しつつある日本の不動産業界においては、「時間」が必要です。より迅速な提供と、タイムリーなやり取りを実現することで、売上を作り出すことができます。サービスのシステム化によって業務効率化を図り、攻めの姿勢で営業戦略の立案に時間をかけることが重要になってきます。

オンラインでの不動産相談が増加中

新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあり、直接のやりとりを必要としない不要不急の要件には、Zoomなどを利用したオンライン相談で対応する不動産会社が増えています。さらに、写真や映像などを駆使した来店しない物件・部屋探しを実施したり、遠方からの予約対応、地方移住に関する相談にも対応しているところもあります。予約管理システムとWebコミュニケーションツールを連携させることで、依頼件数の上昇にも貢献します。

作業の無駄を省き、業務内容を少しでも改善しようと、システム化の流れは都心部や地方に隔たり無く、全国的に普及し続けています。安い買い物ではない不動産売買・賃貸には対面接客が信頼獲得のカギとなりますが、遠隔でも十分な接客が出来る体制を作ることで、不動産事業の幅を広げることも大切です。

導入事例

  • 不動産売却の相談を予約制に
  • 不動産賃貸の手続きを予約制に
  • 物件の内見・内覧を予約制に
  • 部屋探しの相談を予約制に
  • 希望エリア・生活地域の相談を予約制に