製造業

可能性を広げる「見せる(魅せる)」化に貢献、地域社会とのコミュニケーションを構築

予約から「わくわく」感を作る

品質・安全性をアピールし知名度の向上や取引の拡大を図るため、 工場見学やショールーム、製品体験会などで各社製品を「見せる(魅せる)」ことに力を入れている企業は多く存在します。それらを開催するにあたり、単発企画であっても増えるのが社員の事務作業の負担です。いつどこで何時に参加者は何人か、小規模なら個人で把握しやすいですが、受け入れ規模が大きくなればなるほどその管理は難しくなっていきます。

そんな時は、各企業の工場見学、ショールーム、製品体験会の概要に合う、仕様を自由にカスタマイズできる予約管理システムの導入が便利です。イメージ写真の数や参加可能なイベントの種類が多ければ多いほど、参加者に選ぶ楽しさも提供できます。予約作業にかかる時間を節約し、イベント運営の内容を充実することで、今後のビジネスの可能性の広がりが期待できます。

オンライン開催・ウェブライブでも活躍

新型コロナウイルス感染症が拡大する現在、多くの人が集まる場所に行ったり、対面式の面会などは避けられています。その一方で、需要の高まりを見せているのがオンライン見学ツアーやイベントのライブ中継などです。緊急を要さないもの、検品など細かく確認する必要がない場合は、リモートに切り替えるところが増加傾向にあります。

Webコミュニケーションツール「Zoom」との連携機能が搭載された予約管理システムを利用することで、見学ツアーやイベントへのオンラインでの参加情報はかんたんに管理できるようになります。煩雑になりがちな事務作業を効率化させることで運営がスムーズになり、参加者の満足度も高まることが期待されます。

導入事例

  • 工場見学の参加を予約制に
  • オンライン工場見学の参加を予約制に
  • ショールームの入場を予約制に
  • オンラインショールームの参加を予約制に
  • 体験会の参加を予約制に
  • オンライン体験会の参加を予約制に