人材サービス会社

面接・面談の調整にかかる手間を削減、時間を有効に使って効率的に成果アップ

働き方改革はスケジュール管理から

成長企業で即戦力となる優秀な経営幹部、管理職、専門職、事務職、グローバル人材の紹介や、人手不足が深刻化している企業に向けた短期・単発のパート・アルバイトの派遣など、人材サービス業は各業界で重宝されます。人材サービス会社は紹介者・派遣者の登録数が多ければ多いほどクライアントが求める人材を紹介・派遣しやすくなり、急な求人や要請にも対応できるため、信頼性が高まります。

もちろん、登録者数を増加するにあたり、人材の質も意識しなければなりません。そのため、人材サービス会社では、応募者の面接・面談を繰り返し、中には1日中その対応に追われているという社員は少なくないでしょう。少しでもスケジュール調整などの手間を省いて効率的な働き方を実現するために、予約管理システムの導入が1つの解決方法として注目を集めています。

オンライン面接・面談でさらに改善

新型コロナウイルスの感染拡大により、従来の対面型面談は極力避けられるようになりました。面接や面談をすべてオンライン上で完結させることがいいとは一概に言えませんが、1次面接、社員面談などではオンライン、最終面接は対面型を維持するという流れを取り入れているところもあります。

その際、応募者の面接・面談に予約管理システムと、ビデオコミュニケーションツール「Zoom」連携機能を取り入れれば、双方の時間とコストをさらに短縮することが可能です。業務の効率化に成功して社員の日常業務が大幅に見直された場合、その分を別のプロジェクトの時間に充てたり、営業活動に注力したりと、様々なメリットがあります。企業との求人面談においてもZoomやSkypeとの連携によりスムーズなやり取りを実現し、移動交通費の削減も期待できるでしょう。

導入事例

  • 仕事相談を予約制に
  • 登録相談を予約制に
  • セミナー出席を予約制に
  • Zoom・Skype面談を予約制に
  • 人材派遣相談を予約制に
  • 業務請負相談を予約制に
  • 人材紹介相談を予約制に