【テイクアウト:コロナ対策】予約システムを活用して安心できるテイクアウトを実現

【テイクアウト:コロナ対策】予約システムを活用して安心できるテイクアウトを実現

更新

コロナウィルス(COVID-19)の影響で、実店舗を構える多くの事業者が業務縮小を余儀なくされるなど、苦境に立たされています。しかし、こんなときこそ将来を見据え今後の店舗運営を再び軌道に乗せるために、

ウィズコロナ、コロナ禍後(アフターコロナ)の安心安全な店舗づくりの戦略を今のうちに立てておくこと

このことが大切です。

このシリーズでは業種毎のアフターコロナの集客ノウハウについて紹介します。今回はアフターコロナで飲食店のテイクアウトを軌道に乗せるための3つの条件についてお話しします。

コロナ禍で来店するお客様への対応、何が問題?

このコロナ禍で全国のカフェやレストランでは、新型コロナウイルスの感染リスクを懸念し、テイクアウトの需要が高まっています。しかし、需要が増え続けているからこそ、コロナ対策をより重視していかなければなりません。コロナ禍でのテイクアウト運営には、どのような問題点があるのでしょうか。既に認識している方も多くいらっしゃると思いますが、念のためお話します。主に、

・テイクアウト商品をお渡しする際に、直接だと飛沫感染の可能性が高まる
(商品の受け渡しを行うため)
・需要が高まっているため、お客様同士の感染リスクが高まる
(テイクアウト商品待ち列での感染可能性)

などが問題点としてあげられます。特に個人経営のカフェや飲食店では、店内があまり広くないためないため、より感染リスクに関してシビアになる必要があるかもしれません。

コロナ禍のテイクアウトで重要な2つのポイント

1.3密をできるだけ避けたテイクアウト受け取り

厚生労働省の3密啓発ポスター

3つの密(密閉・密集・密接)を避けることでクラスター発生のリスクを減らせることが記されています。このほかにも、英語版や中国版の3密ポスターも作成されています。

引用元:厚生労働省 3密啓発資料ポスター

厚生労働省では、新型コロナウイルスへの対策として、

3つの密「密閉」「密集」「密接」

を避けるよう要請しています。この3密を避ける対策は、クラスター(集団感染)の発生を減らすためにたいへん重要であり、どの業界においても守っていく必要があります。
3密をできるだけ防ぎながら、テイクアウトを行う中で有効だと考えられる方法は、

[密接]

・スタッフのマスク・フェイスシールドの着用を義務化
・キッチンスタッフは手袋をして作業を行う
・対面でなく、オンラインや電話でテイクアウトの予約を行う
・現金やクレジットカードではなく、電子マネーの利用や事前決済を促す

[密閉]

・店内を定期的に換気する。または可能であれば窓を開けたままにしておく
・店内スタッフが外気に触れられるよう、こまめな休憩を義務化する

[密集]

・テイクアウトの受け取り時間帯を細かく設定する
・店内飲食のお客様とテイクアウトのお客様の入口を別にする
・テイクアウトを受け取る列の床に2m間隔でシールを貼る

などがあげられます。

また、密集に関して、厚生労働省が発表した

新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」の実践例

によると、

人との間隔は、できるだけ2m(最低1m)空ける。

厚生労働省:「新しい生活様式」の実践例より引用

とあります。

飲食店内で2mの距離を空けることは、なかなかに難しいものです。しかし2mが難しくてもその半分の1mでしたら実現可能性がぐっと高まります。

可能な限り「人と人の距離(ソーシャルディスタンス)をとる」ことを心掛けていきたいものです。

テイクアウトの受け取り時間を細かく設定して、お客様の店内での待ち時間をできるだけ減らしたり、店内飲食のお客様とテイクアウト予約を行ったお客様の入口を分けて密集箇所をできるだけ減らすなどの工夫をして、できるだけ密集を避けた運営を心がけましょう。

2.衛生管理を徹底して感染可能性を減らす

テイクアウトの料理を作る際や、商品をお渡しする際は、スタッフが触れたものをそのままお客様にお渡しするため、より一層コロナ感染リスクに関してシビアになる必要があるでしょう。
具体的に気を付けたい点は、

・スタッフは作業前に必ず消毒する
・備品や器具のアルコール消毒を徹底する
・備品や器具は洗浄・消毒・殺菌の3ステップで清潔に保つ
・マスクや手袋などの他に、使い捨てに切り替えられるものを探してみる
・店内清掃を定期的に行う
・スタッフの健康管理をしっかりと行う

などです。

ほとんどの飲食店では、コロナ禍の影響を抜きにしても、テイクアウト業において普段から厳格な衛生管理を行っていることと思います。
しかし人々の衛生意識が非常に高まっている昨今、顧客に安心感を与えるという意味でも、より一層の衛生意識を持つ必要があるでしょう。

テイクアウトのコロナ対策には予約管理システムがおすすめ!

以上コロナ禍でテイクアウトを運営する上でのポイントをご説明しましたが、これらのポイントをしっかり押さえながらテイクアウト予約を行う飲食店の方々に、予約管理システムをおすすめします。

予約管理システムがおすすめな理由、

・オンライン予約なら、受け取り際の密集を防げる

オンライン予約なら、テイクアウトの受け取り時間をあらかじめ細かく分けておくことで、店内での密を避けることができます。受け取り口にお客様が密集してしまう危険性を避けられる有効的な方法です。

・注文が来てから料理を作ることができる

店舗販売のみのテイクアウトだと、あらかじめ料理を作っておいて時間がたったものを提供しなければいけない、あるいは注文を受けてから料理を作るため受け取りに時間がかかってしまうなどの問題が起きます。RESERVA予約システムなら、注文を受けた際にあらかじめ受け取り時間を設定できるため、相互のストレスをできるだけ軽減することができます。

事前決済機能(レゼペイ)で無断キャンセルを減らす!

オンライン予約の際に、事前決済を行っておくことで、「せっかく料理を作ったのに取りに来ない、、」などの問題を解決することができます。RESERVA予約システムの事前決済機能(レゼペイ)では、クレジットカード会社との別途契約なしに、無料で始められます。

RESERVA予約管理システムのテイクアウト予約でできること

テイクアウトのための予約システム

RESERVA予約管理システムでは、テイクアウトの予約に必要な様々な機能が備わっており、初めての方でも安心して予約サイトとを作成及び運用することができます。
ここで、RESERVA予約管理システムでできる、コロナ対策の取組みをご紹介します。

予約サイトでコロナ後対策の取組みを周知

RESERVA予約サイトでは、コロナ対策に関するテイクアウト業の取組みを様々な方法で周知させることができます。

・感染予防対策実施の文言をサイト情報に記載

予約サイト内の概要部分に、コロナ対策実施の文言を記載することで、飲食店のテイクアウトを調べた方がすぐに感染対策が万全かどうかを知ることができます。

・サイト情報の写真を感染予防対策している画像に変更

サイトの上部に表れる画像を、コロナ対策をしていることが分かる画像に変更することで、予約サイトに飛んだお客様がすぐにコロナ対策の有無を確かめることができます。

・予約時のアンケートにコロナウィルスに関するチェック項目を設ける

予約時にアンケートが設定できるため、新型コロナウイルスに関するアンケート項目を挿入することで、コロナ対策を周知します。

・コロナウィルス関連の情報をお知らせ


RESERVA予約サイトのお知らせ機能を使って、予約サイト内にコロナ対策関連情報を予約者様にお知らせすることができます。

お客様がネットから予約する際に、必ず利用する予約サイト。
お客様の目に触れる機会の多い予約サイトだからこそ、コロナ対策への取り組みをお知らせできるのです。

時間ごとのテイクアウト受付

RESERVA予約サイトでは、お客様がテイクアウトを受けとる時間帯をあらかじめ設定することできます。

このように、時間指定を行い、時間帯ごとに予約者様ご案内することで、お客様同士の店内での密集を避けることができます。

事前アンケートで予約者様の相談内容を把握

事前アンケートを行うことで、予約されたお客様のテイクアウトの要望を事前に知ることができます。設定方法はいくつかあり、画像のようにテキスト入力を行う項目の他、

・1つ選択型
・チェックボックス
・数値入力

など、様々な設定が可能です。

テイクアウトの時間変更の連絡もメルマガでらくらく

緊急事態宣言や外出自粛などの影響で、飲食店では営業時間や日程の変更を余儀なくされる場合もあると思います。その際には、メルマガ配信機能を使用して、変更のお知らせをご予約された予約者様にお伝えすることができます。

このようにRESERVA予約管理システムでメルマガ設定を行うと、

予約者様にはこのような文面がメールで来ます。

メルマガを配信するお客様を絞って配信することもできるので、この他にも、様々な応用の仕方が可能です。
RESERVA予約システムのメルマガ機能は下記の記事で詳しく説明しています。
【RESERVA機能紹介】メルマガ配信機能でリピーターを増やそう!

こちらでテイクアウト予約をお試しできます↓
(実際に予約されることはございません。ご安心ください。)
RESERVAテイクアウトサンプルサイト

テイクアウトのオンライン来店予約でコロナ対策

感染予防対策をしっかりと行った後には、必ずホームページや予約サイト上での顧客アピールを行いましょう。そうすることで、コロナ後の顧客離れを最小限に食い止めることができます。飲食店は、コロナ禍でも十分需要があるサービス です。コロナに負けず、しっかりとしたコロナ対策でこの時期を乗り越えていきましょう。

RESERVA予約システムは無料プラン(RESERVA予約システム選べる料金プラン)もあるので、予約管理システムにお金をかけたくないとお考えの信用金庫や信託銀行、消費者金融様も無料で始めることができます。ぜひRESERVA予約管理システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

別記事:【商業施設:3つのコロナ対策】予約システムを活用して安心してご来店いただける店舗づくりを実現
別記事:【イベント:3つのコロナ対策】予約システムを活用して安心できるイベント運営を実現

【免責事項】
当記事に掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、RESERVA Digitalは閲覧者が当記事の情報を用いて行う一切の行為について、何らの責任を負うものではありません。新型コロナウイルス感染症については、必ず一次情報として、政府発表をご参照ください。

予約システムで、ビジネスを効率化

RESERVA予約は、無料の予約システム。健康診断、貸し会議室、ヨガ教室、スクール、イベント、スタジオ、ホワイトニング、歯科、クリニック、ホテル、宿泊施設などの予約受付に最適。官公庁や地方自治体での導入実績が豊富な予約管理システムです。