開業してすぐに使えるSaaSサービス【記帳・会計システム編】

開業してすぐに使えるSaaSサービス【記帳・会計システム編】

「新規開業したけど会計のことが全く分からない」「会計システムを使うのが便利と聞いたけどお金はあまり掛けたくない」「操作が簡単なシステムを導入したい」

会計業務についてこのようなお悩みをお持ちではありませんか?「記帳・会計クラウドシステム」を活用すれば、税理士を雇わなくとも費用や手間を掛けずに、かんたんに会計業務を行うことが可能です。

この記事では、記帳・会計クラウドシステムのメリットと、おすすめの記帳・会計システム10選をご紹介します。

クラウド記帳・クラウド会計システムとは

クラウド記帳・クラウド会計システムとは、クラウド上のサーバーにデータを保存して利用する記帳・会計システムのことです。

従来の会計ソフトは、利用するパソコン内にソフトウェアをインストールするパッケージ版が主流でした。しかし、パッケージ版はソフトウェアがインストールされているパソコンでしか利用ができないため、利用範囲が限定的となるデメリットがありました。

それに対して、クラウド型の記帳・会計システムは、インターネット環境さえあれば、いつでも・どこでもシステムを利用可能です。そのため、外出中にスマホで確認することや、リモートワークやサテライトオフィスでも記帳・会計業務ができるようになるなど、利用の幅が大きく広がりました。

クラウド記帳・会計システムのメリット

クラウド記帳・会計システムを導入することで得られるメリットは次のようなものがあります。

メリット1. いつでもどこでも利用が可能
メリット2. コストを抑えて導入・運用ができる
メリット3. 金融機関と自動連携で入力の手間が掛からない

それぞれのメリットについて解説していきます。

メリット1 いつでもどこでも利用が可能

クラウド会計システムは、インターネット上のクラウドサーバーにデータが保管されます。そのため、インターネット環境があれば、時間・場所を問わずシステムにログインが可能です。

パソコンだけではなく、スマホやタブレットからもログインができるので、移動中やスキマ時間にも情報の入力・確認をすることが可能です。

メリット2 コストを抑えて導入・運用ができる

クラウド会計システムは、月額数百円~数千円といった低コストで導入が可能です。中には無料で使えるサービスもあります。

自社のサーバーに設置するオンプレミス版や、ソフトウェアを購入しインストールするパッケージ版と異なり、初期費用を抑えて導入することが可能です。

さらに、クラウド版は常に最新状態に保たれるため、セキュリティ対策やアップデート作業に掛かる手間や管理が不要です。作業時間といった、労力コストの削減もできるのが大きなメリットです。

メリット3 金融機関と自動連携で入力の手間が掛からない

クラウド会計システムは、各金融機関と連携することが可能です。一度連携の設定が完了すれば、自動的に勘定科目や金額が入力されます。

その他にも、API連携することで給与計算システムや経費精算システムなどとも連携することが可能です。集計したデータはCSV出力やレポート抽出も可能なので、経理担当者の業務負荷を軽減し、生産性向上に役立ちます。

クラウド記帳・会計システム10選をご紹介

ここからは、会計業務に役立つクラウド記帳・会計システム10選をご紹介します。各ツールによって、特長・機能が異なりますので、自社の営業活動に合ったサービスを選んでください。

始めに紹介するのは、クラウド記帳・会計システムの王道ともいえる3つのシステムをご紹介します。

クラウド会計システムの王道

  1. マネーフォワードクラウド会計
  2. 弥生会計オンライン
  3. クラウド会計freee(フリー)

マネーフォワードクラウド会計

https://biz.moneyforward.com/

【特長】

  • 様々なサービスと連携させることで入力・仕分け作業を自動化
  • 法令改正や消費税の増税への対応にも無料でアップデート。常に最新機能を保つ
  • PC、スマホに対応。いつでもどこでも使える

【概要】

マネーフォワードクラウド会計は、個人事業主から大企業まで様々な事業所で利用ができるクラウド会計システムです。データをクラウドに集約し、経営の見える化を実現します。

銀行、クレジットカード、電子マネーなど様々なサービス・会計ソフトと連携させることで、日々の取引の入力や仕分けの自動化が可能です。

【価格】

スモールビジネスビジネスエンタープライズ
月額3,980円5,980円要問合せ
年額35,760円(2,980円/月)59,760円(5,980円/月)要問合せ

マネーフォワードクラウド会計の公式ホームページはこちら
マネーフォワードクラウド会計


弥生会計オンライン

http://yayoi-kk.co.jp/products/account-ol/index.html

【特長】

  • 開業・起業したてで、会計について知識がない方でも簡単に使える設計
  • 電話、メールでの操作サポートの他、仕訳や経理業務の相談にも対応
  • パソコンはMac、Windows両方に対応。クラウドなので場所を問わず、いつでもどこでも利用可能

【概要】

弥生会計オンラインは、これまでに数多くの会計ソフトを提供し多くの事業主に利用されている「弥生会計シリーズ」のクラウド版です。

業界最大規模のカスタマーセンターを構えており、メール・チャット・電話などあらゆる方法でアドバイスを受けることが可能です。開業したてで会計業務や確定申告のことがわからない方にも安心です。

【費用】

セルフプランベーシックプラン
費用26,000円/年額30,000円/年額

※キャンペーン実施中です。 (2020年11月現在)
セルフプラン:初年度価格 無料(年額26,000円引き)
ベーシックプラン:初年度価格 15,000円(年額15,000円引き)

弥生会計オンラインの公式ホームページはこちら
弥生会計オンライン


クラウド会計ソフトfreee

https://www.freee.co.jp/houjin/

【特長】

  • PC・スマホがあれば、見積書・請求書発行がいつでもどこでも可能
  • 質問に答えるだけで簡単に確定申告書類の作成が可能。開業したばかりでも安心
  • 請求書作成と帳簿づけを一括処理。帳簿・仕分け作業の負担を削減

【概要】

クラウド会計ソフトfreeeは、初心者でもかんたんに確定申告書類の作成から提出までできるクラウド会計システムです。

質問に答えるだけで書類が作成でき、アプリを活用することでレシートの自動入力にも対応しています。初心者の方でも帳簿・仕分け作業に負担を掛けずに簡単に書類作成が可能です。

【費用】

スタータースタンダードプレミアム
費用980円/月1,980円/月3,316円/月

クラウド会計ソフトfreeeの公式ホームページはこちら
クラウド会計ソフトfreee


その他のクラウド会計システムも紹介していきます。

  1. クラウド発展会計
  2. 勘定奉行クラウド
  3. PCA会計DX
  4. SAP Business One

クラウド発展会計

https://www.bizup.co.jp/cloud_k/

【特長】

  • 経理データから経営管理に必要な資料を自動作成
  • ネットバンキング・クレジットカードの取引明細を自動読込、仕訳入力が自動で完了
  • 貸借対照表および損益計算書・キャッシュフローを自動生成

【概要】

クラウド発展会計は、主に中小企業の経理担当者向けの会計システムです。

仕訳の自動入力や各種書類の自動生成など、日々の経理業務を効率化し、経営に必要な経営分析が容易に行えるようになります。

【費用】

有料版(零細企業)有料版(中小企業)
利用料5,000円/月額10,000円(月額)

クラウド発展会計の公式ホームページはこちら
クラウド発展会計


勘定奉行クラウド

https://www.obc.co.jp/bugyo-cloud/kanjo

【特長】

  • 専門家ライセンスを1ライセンス無償で付属。税理士が直接データを確認することで、やり取りの手間を削減する
  • ワンクリックでグラフ化ができ、経営状況を見える化する分析帳票機能
  • 決算や消費税申告時に必要な書類を自動で作成可能。決算時期の業務負荷を軽減

【概要】

勘定奉行クラウドは、経理実務に特化したソフトウェア開発を手掛けているOBC社が提供するクラウド会計システムです。

顧問税理士にデータを会計データを提供することで、税理士が会計データの参照・入力可能になり従来のやり取りの手間の削減、及び課題の早期改善に繋がります。

【費用】

i Aシステムi Bシステムi Sシステム
利用料160,000円/年額200,000円/年額240,000円/年額
初期費用50,000円60,000円70,000円

勘定奉行クラウドの公式ホームページはこちら
勘定奉行クラウド

PCA会計DX

https://pca.jp/area_product/prokai.html

【特長】

  • API機能で他のクラウドシステムと連携が可能
  • 自社サーバー不要、インターネット環境があれば即時利用が可能
  • 万全のセキュリティ・情報気密性の担保。万が一の情報漏洩リスクから守る

【概要】

PCA会計DXは、日常の伝票入力で簡単に元帳・試算表・決算書作成ができ、さらに経営分析の出力も可能なクラウド会計システムです。

様々なサービスとAPI連携ができ、社内労務の基幹システムとしての活用が可能です。

【費用】

10,000円/月額/ユーザー
※利用人数、契約期間などによりボリュームディスカウント有

価格シミュレーションはこちらからご確認頂けます。
(実際の費用は要問合せの上、お見積り)
PCAクラウド価格シミュレーション

PCA会計DXの公式ホームページはこちら
PCA会計DX


SAP Business One

https://www.sap.com/japan/products/business-one.html

【特長】

  • 「財務管理」、「販売・顧客管理」、「購買・在庫管理」のビジネス全体を見える化
  • 事業成長・規模の拡大に応じて拡張が可能
  • 財務レポートの作成により、財務状況分析を容易に

【概要】

SAP Business Oneは、ビジネス全体の流れを可視化できる中小企業向けビジネスマネージメントソフトウェアです。

様々なレポーティング機能から事業の課題の早期把握や、プロジェクトの予実管理によるコストの最適化が可能です。

【費用】

要問合せ
※事業規模・利用ユーザー数により異なる

SAP Business Oneの公式ホームページはこちら
SAP Business One


続いては、無料で利用できる会計システムを紹介していきます。

  1. ちまたの会計
  2. 円簿会計
  3. RUCARO

ちまたの会計

https://www.timakai.com/

【特長】

  • 全機能を無料で利用可能。登録費、年会費も一切無料
  • 自治体、PTA、地域・学校のスポーツクラブ、町内会などの会計業務に最適
  • シンプルな画面設計かつ、実務に活かせる各種機能

【概要】

ちまたの会計は、サークル、自治体、PTA、ボランティア団体など、小さな団体のためのクラウド会計ソフトです。

パソコン・スマホ・タブレットで、会計報告に必要な書類をだれでもかんたんに作成することが可能です。

【費用】

無料
登録費・利用料・年会費など一切無料

ちまたの会計の公式ホームページはこちら
ちまたの会計


RUCARO

https://rucaro.org/

【特長】

  • 利用料無料、ユーザー登録数無制限
  • 不明点はナレッジコミュニティで質問・検索可能
  • プライベート環境で管理することで、セキュリティ対策を万全に

【概要】

RUCAROは、「日本一安全なプライベートクラウド会計ソフトを作る」コンセプトの下で開発されているサーバーインストール型会計ソフトのオープンソースプロジェクトです。

オープンソースとは・・・ソフトウェアのソースコードを無償で公開し、だれでも自由に改良・再配布ができるようにしたソフトウェアのこと

【費用】

利用料無料(ユーザー登録数無制限)

RUCAROの公式ホームページはこちら
RUCARO


円簿会計

https://www.yenbo.jp/service-info/kaikei.html

【特長】

  • 全機能利用料無料。仕訳帳・出納帳の他、年次決算・決算報告書などの作成も可能
  • インターネット環境があれば、いつでも・どこでも利用可能
  • 弥生会計からデータの取り込みが可能。イチから入力する手間が不要

【概要】

円簿会計は利用料無料のクラウド会計システムです。

無料でありながらも、有料クラウドシステムと同等の機能を有し、経理作業の労務コスト・費用コストを削減することが可能です。

【費用】

全機能無料。税制改正時のバージョンアップ、保守契約も追加費用一切なし

円簿会計の公式ホームページはこちら
円簿会計


まとめ(クラウド記帳・会計システム導入時のポイント)

クラウド記帳・クラウド会計システム10選を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

クラウド記帳・会計システム選びのポイントは、機能性・操作性・拡張性・導入費用です。

また、その他のサービスと連携をすることで、社内労務の基盤システムとして活用することも可能です。

会計システムは一度導入を始めると、なかなか切り替えるのは面倒なものです。ぜひ、将来的な活用方法も踏まえてじっくり検討してみてください。

予約システムで、ビジネスを効率化

RESERVA予約は、無料の予約システム。健康診断、貸し会議室、ヨガ教室、スクール、イベント、スタジオ、ホワイトニング、歯科、クリニック、ホテル、宿泊施設などの予約受付に最適。官公庁や地方自治体での導入実績が豊富な予約管理システムです。